捨てコンクリート打設

今日は、捨てコンクリートの打設を行いました。

捨てコンクリートとは基礎等の位置を墨出しするために敷き均すコンクリートのことです。
打設中から雪が降ってきましたが無事に完了しました。

明日はコンクリートの硬化の状況を見て墨出しを行う予定です。

現場全景

現場の全景です。

右手前が当社が単独で建築工事を施工する「01A棟」、左奥がJVで施工する「02B棟」です。
今日現在で
01A棟は、掘削工事を終え来週から基礎の鉄筋・型枠工事に取り掛かります。
02B棟は、鉄筋工事を終え来週土木事務所の配筋検査を受け型枠・コンクリート工事を行います。

遣り方

昨日工事に先立ち、01A棟の建物位置の基準となる仮設の遣り方(別名、丁張)を現場に設置しました。

朝からの予定だったのですが、思わぬ雪のため時間を変更して午後から設置しました。

水平に設置されている木材の上端が高さの基準、見にくいかと思いますが黄色い水糸が建物外周の通り芯となっています。
月曜日に監督員の検査を受け合格すれば基礎の掘削に取り掛かります。
02B棟は、既に遣り方を終え、掘削工事を行っています。
(上の画像の遣り方が設置してある棟です。01A棟は02B棟の左奥になります。)
ウェブサイトで作業状況を更新していく予定でしたが、当面はブログでの更新が中心となります。

賀正

新年明けましておめでとうございます


昨年はいろいろお世話になりました
本年もよろしくお願い申し上げます
平成二十三年 元旦

契約締結

先日、行われた入札の結果、下記の工事を落札、12月3日付けで契約を締結しました。

工事名:平成22年度
    社会資本整備総合交付金事業(地域住宅交付金)
    町営浦宿第一住宅(W−01A棟)建築本体工事
工期:平成22年12月4日から平成23年7月29日まで
工事概要:木造2階建て1棟2戸(3LDK、メゾネットタイプ)
     延べ床面積176.54m2(53.4坪)
     戸当り床面積88.27m2(26.7坪)
     給排水衛生電気設備別途
今年度から数年間で老朽化した町営住宅の建替える計画で、最初に建つ4棟の内の1棟となります。他にもう1棟、共同企業体の構成員として受注しています。
規模が大きい他の棟と工期を合わせているため、完成引渡しが来年7月末と建物の規模に対して約2倍と長めです。現在は準備中で現場での工事着工は正月の松が取れてからとなる予定です。
という訳で工期も余裕があるので久々に会社のウェブサイトの更新を再開します。工事の詳細はウェブサイト、工事中の節目の話題はブログ、現場からツイッターで速報といった形で考えています。ウェブサイトで更新する内容は、以前から公開していた手法と同様に施工状況が中心で目新しいことは少ないかもしれませんが「ほぼ毎日更新」をモットーにやっていきたいと思います。

ラッコを探しに足島へ!

先日、女川ヨットクラブのヨットの達人で金華山航路潮プランニング総務部長のMさんから「日曜日にラッコを探しに足島へいきませんか。」と案内のメールが届きました。これは良いブログ記事になると直ぐに参加と連絡。
Mさんによると足島近くで漁や定置網をしている漁師さんたちから目撃情報が相次いでいるとのこと。
数年前から噂になっていてテレビのワイドショーが取材に来て発見できず女性レポーターが変なニックネームを叫んでいったり、新聞報道や個人のブログにも取り上げられていることから期待が膨らみます。
http://www.sanriku-kahoku.com/news/2008_09/i/080910i-rakko.html
http://blogs.yahoo.co.jp/kapaguy/54966481.html
船首にビデオカメラを取付け、酔い止めの薬も飲んでいざ出港です。
Mさんとラッコを見つけて動画撮影に成功したら報道関係者がいっぱい来て大変なことになりますねなどと脳天気なことを話しながら足島を目指します。

同乗させていただいたstorm号はニュージーランドで約60年前に造られた木造ヨットでMさん自ら航海して日本へやって来たそうです。

波も静かで微風、薄曇りとヨット初体験の自分にとっては船酔いもせず良かったのですが、如何せんヨットのスピードが上がらず目的地までが長かったです。
それでも途中舵を取らせてもらったりして緊張感からか帰港するまで飽きることはありませんでしたが、帰宅してから疲れがでて夕食後椅子で寝てしまいました。
足島の周囲でラッコを探索。

二人でラッコを探したのですが残念ながら見つけることはできませんでした。もう少し早く足島に着くことができると長く探索できるんですが、また次の機会ということで帰ることに。
足島は江島生まれの「リアスの戦士★イーガー」が育った島であり、ウミネコの繁殖地として特別天然記念物に指定されていて許可無く上陸できません。
そのウミネコも繁殖期を終えまったくいませんでした。水揚げされている秋刀魚を狙って女川港へ行ったのかもしれません。
帰りは更に風がなくエンジンを掛けて港に向かいました。

マリンパル前の岸壁に接岸。偶然、ダイヤモンドヘッドのOさんに出迎えていただきました。

9時前に出港、15時過ぎに帰港で約7時間の初ヨットセイリングでした。
今春結成された女川ヨットクラブの会員としてヨット体験ができて一先ず安心です。
次回はなんとしてもラッコの姿と迫力ある帆走の様子を動画に収めたいと思います。

町立病院再編に関する住民説明会

昨夜、行政区(上五区)の集会所で女川町立病院の再編に関する住民説明会が行われました。説明側の町長と病院スタッフ4名に対して集まった区民15名、上五区の人口496人にしては少ない印象。
来年で3期目を終えようとしている町長が自ら町内の地区に足を運ぶ住民説明会は2回目、前回は市町村合併に関する説明会で今回のように各行政区単位ではなく複数の行政区をまとめて行われたので上五区に町長が来たのは初めて。これもかなり少ないと感じる。
新聞報道にもあるように
http://jyoho.kahoku.co.jp/member/backnum/news/2010/09/20100911t13026.htm
http://www.sanriku-kahoku.com/news/2010_09/i/100911i-byoin.html
今年度から赴任した新院長を中心に来年度から指定管理者制度を導入、公設民営化し医療と介護の連携を強め包括医療センターを目指すとの説明に参加者全員異論なく賛成でした。あとは計画通り実行するだけと思います。
説明の中にあった家庭医として地域医療に精通している新院長の「地域を知らずして、地域医療なし」という言葉が町立病院の将来に期待を膨らませてくれます。
ただ、行政に関しても「地域を知らずして、地域行政なし」と言えると思うのに説明会終了後、区民とゆっくり言葉を交わす機会がありながら公用車で帰ってしまった方に改めて失望を感じてしまいました。

おながわ秋刀魚収獲祭2010

異常気象で秋刀魚の不漁が続き開催が危ぶまれていた秋のビッグイベント「おながわ秋刀魚収獲祭2010」が9月19日例年通り行われました。
石巻市内まで渋滞が続き、閉会時間を過ぎても来場者が絶えなかった昨年に比べると人出は例年並みだったと思われますが、貴重で無料または格安の秋刀魚を求めて開会前から長〜い行列が出来ていました。

ステージ上では、小中学生の踊りや太鼓、獅子舞と地元の皆さんの熱演、プロの津軽三味線や演歌、民謡、R&Bのコンサートと秋刀魚以外も盛り沢山でした。
おらが江島/女川第一小学校4年生

羞恥心/女川第一小学校5年生

五部浦ソーラン〜さんま祭りバージョン/女川第一小学校4・5年生

そして収獲祭でもご当地ヒーロー「リアスの戦士★イーガー」が登場。

来場していた子供達から大人まで大きな声援を受けていました。
リアスの戦士★イーガーショー(前半)

リアスの戦士★イーガーショー(後半)

これでまたイーガーが登場するイベントが増えそうな予感がします。
そして当日13:00からコバルトーレ女川の東北リーグ1部ホーム最終戦が女川町民陸上競技場で行われたのですが、残念ながら1-1の引分け。
今シーズンホームで未勝利となり、現在最下位で10月3日の最終戦で勝たないと自動降格となってしまいます。
昨年は秋刀魚収獲祭のステージ上で2部南での優勝報告をしたんですが…。
最終戦の相手は強豪ですがなんとか勝って残留に望みを繋いでもらいたいところです。

2010商工祭漁火祭り

昨日今日、女川海岸駐車場で第13回女川町商工会商工祭漁火祭りが開催されました。
二日とも霧雨が降ったり止んだりとあいにくの天候の中、たくさんのお客様にご来場いただきました。
今回の目玉は、みなと祭りで衝撃的なデビューを飾った「リアスの戦士★イーガー」です。
タイムリーな話題を盛り込んだショーは、子供からお年寄りまで大好評でした。
前夜祭でのショーの動画です。



同じく前夜祭の様子をストリーミング中継した録画です。
画質は良くないですが秋刀魚炭火焼や獅子舞等雰囲気はお楽しみいただけると思います。

来週、9月19日はおながわ秋刀魚収獲祭においてショーとジャンケン大会、握手・撮影会を行いますので是非イーガーに会いに来てください!