有限会社 阿部養建設

取締船詰め所等新築工事

1999.09.21 基礎鉄筋組立及び墨付

鉄筋コンクリート造の布基礎の形状にあわせて加工した鉄筋を
基準に従い組立てます。
一般住宅の基礎の場合、D10およびD13と呼ばれるサイズの
異形鉄筋(表面が凸凹している)が通常使用されます。
布とは建築で水平、長手、連続の意味を表します。
鉄筋コンクリート造は略してRC造と呼ばれていますが、
RCとはReinforced Concreteのことで直訳すると
補強コンクリートとなります。
圧縮には強いが引張りや曲げに弱く、脆いというコンクリートの特性を
引張りに強く、粘りのある鉄筋によって補強したものということです。
近年はコンクリートの補強に炭素繊維や金属を繊維状に加工したもの
等が開発されています。
また、東南アジアでは鉄筋の代わりに竹が使用されています。
加工場では引続き墨付を行っています。

基礎鉄筋組立

[翌日へ]  [前日へ]

[これまでの施工状況へ]

[目次] [会社概要] [工事紹介] [リンク]