有限会社 阿部養建設

S邸新築工事

1999.04.20 木造構造材加工(隅木墨付け)

柱梁等主な材料の加工は終わり、隅木の墨付けを行っています。
 
隅木とは、寄棟屋根の隅角部分で屋根と屋根がぶつかっている頂部に
入る木材のことです。
屋根の勾配によって複雑な納まりとなりますが、計算器などは使わずに
規矩術(きくじゅつ)を用い、差金(さしがね)1本で寸法を出していきます。
 
規矩術(きくじゅつ):伝統的な建築構法についての立体幾何学的な作図法。

[翌日へ]  [前日へ]

[これまでの施工状況]

[目次] [会社概要] [工事紹介] [リンク]