有限会社 阿部養建設

S邸新築工事

1999.03.10 手板(ていた) 作製

木材を加工するため、設計図に基づいて軸組を考慮しながら大工が手ごろな板に描く
縮尺1/50程度の図面です。
設計図から手板に描き直すことによって建物形状や構成を理解するほか、
納まりをチェックし部材の仕口や継手の位置および形状を決めます。
木材を加工するための製作図と言えます。
木造に限らず、鉄筋コンクリート造や鉄骨造でも施工する前に設計図から製作図を
描きます。
板図、図板とも呼ばれてます。

現場では引続き根切作業を行っています。

[翌日へ]  [前日へ]

[これまでの施工状況]

[目次] [会社概要] [工事紹介] [リンク]