阿部養建設

町営住宅(仮称尾田峯)D棟建築工事

2001.11.16 間柱・筋交取付及び屋根鋼板葺

間柱と筋交の取付を行っています。
間柱は、断面が120mm×30mmで柱の間に455mm間隔に取付けます。
筋交は、断面が90mm×30mmで設計図に記された位置に取付けます。

間柱取付

屋根では鋼板の横葺きを行っています。
鋼板は、厚さ0.4mmのガルバリウム鋼板を用いています。
ガルバリウム鋼板は通常の亜鉛メッキ鋼板に比べメッキ層中のアルミニウム含有率が高いため、酸性雨や海岸地域での塩害に対して耐久性に優れています。
下の写真は、ロールで出荷された鋼板を現場で折り曲げ加工しているところです。

鋼板加工

[翌日へ] [前日へ]

[工事概要] [これまでの施工状況] [設計図] [工程表]

[目次] [会社概要] [工事紹介] [リンク]