阿部養建設

町営住宅(仮称尾田峯)D棟建築工事

2001.11.15 金物取付及び屋根下葺

木造軸組建方が完了し、各所に木材を接合するための金物を取付けています。
下の写真は、法改正により今年度から取付が義務付けられたホールダウン金物です。
地震や強風による水平力を受けた際、柱が土台から抜けないようにコンクリート基礎と柱を接合するものです。

ホールダウン金物

屋根では下葺のアスファルトルーフィングを葺いています。
アスファルトルーフィングは水下から水上へ向かって重ねて葺いていき、タッカーと呼ばれるホチキスの針を大きくしたようなもので止め付けていきます。

屋根下葺

[翌日へ] [前日へ]

[工事概要] [これまでの施工状況] [設計図] [工程表]

[目次] [会社概要] [工事紹介] [リンク]