有限会社 阿部養建設

仮称新大原住宅Dタイプ建築工事

1999.08.04 基礎立上りコンクリート養生及び木材加工(刻み)

基礎立上りのコンクリート打設が完了しコンクリートの硬化後の品質を
確保するため養生期間として1日放置します。
夏期に養生期間を置かず型枠を剥がしてしまうとコンクリート表面から
急激に水分が蒸発するため、4週間後の強度が低下してしまいます。
また、冬期にはコンクリートが硬化する前に水分が凍結しないよう
養生します。
※建築工事で一般に用いられるコンクリートの強度は、
 打設後4週間を基準としています。

コンクリート打設完了

引続き、木材の加工を行っています。
下の写真は、小屋梁の継手仕口部分です。

基礎立上りコンクリート打設

[翌日へ]  [前日へ]

[これまでの施工状況へ]

[目次] [会社概要] [工事紹介] [リンク]