有限会社 阿部養建設

仮称新大原住宅Dタイプ建築工事

1999.07.30 基礎立上り型枠建込及び木材加工(刻み)

引続き、基礎立上りの型枠を建込んでいます。

基礎立上り型枠建込

墨付けされた仕口や継手の形状に従い構造体の木材を加工(刻み)します。
下の写真は土台に臍穴(ほぞあな)を 空けていることです。
 
以前は大工が自分の腕で鋸や鑿を使って一本一本加工しましたが、
現在は電動工具を併用して効率良く加工していきます。

木材加工

[翌日へ]  [前日へ]

[これまでの施工状況へ]

[目次] [会社概要] [工事紹介] [リンク]