阿部養建設

IY邸新築工事

2001.11.08 土台水切取付及び外壁断熱材充填

外壁のサイディング板を貼る前に、土台と基礎の接している部分に土台水切を取付けます。
この土台水切のように建物には外壁部材、屋根部材を伝わってきた雨水を内部に侵入させない処理が施されています。
雨に対しては「さえぎる」方法と「ながす」方法を併用して雨漏りを防ぎます。

土台水切

外壁に断熱材のグラスウール(厚さ100mm)を柱の間に充填します。
隙間があると断熱性能が低下するので、隙間なく充填することが重要です。
この工法は、一般に内断熱と呼ばれています。
この他にも地域等の条件により外断熱や高気密高断熱等の工法が用いられます。

外壁断熱材

[翌日へ] [前日へ]

[工事概要] [これまでの施工状況] [設計図] [工程表]

[目次] [会社概要] [工事紹介] [リンク]