阿部養建設

AK邸改築工事

2001.03.02 墨付

引続き、木材に墨付を行っています。
下の写真は墨付が完了した米松(ベイマツ)の小屋梁材です。
部材の番付や臍(ホゾ)、仕口の寸法が墨で記されています。
米松は、加工しやすく長大な材がとれるため構造材として使われるほか、
上級品は和室の柱等も含む造作材や建具材にも使われています。

墨付

[翌日へ] [前日へ]

[これまでの施工状況] [工事概要] [設計図] [工程表]

[目次] [会社概要] [工事紹介] [リンク]